家族の暮らし」カテゴリーアーカイブ

シングルマザーであるがゆえに・・・

むし歯予防

離婚してシングルマザーとなった時から、私の心は常に前を向いていました。
こうした気持ちで、シングルマザーとしてスタート出来た事がとても良かったと思っています。
そして、その気持ちが今の自分に繋がっている思っています。

今の私は、まだ子供が幼い事もあり、幼稚園に行っている時間限定という感じで仕事をしています。ですが、2人も幼稚園児です。子供に関する事は、当然ながら私の双肩にかかっています。
こうした現状の、シングルマザーのお母さんも沢山いるでしょうね。

私も、こうした実情の中今は在宅ワークの道を選択する事にしました。
外に出て働く事で、見えないお金が出てくる事もあるでしょうし、負担が増大する事により、育児に支障が出る事を考慮して在宅ワーカーの道で現在頑張っています。

在宅ワークを選択するなんて、考えてもみませんでした。
ですが、離婚をして一家の大黒柱となる事になり仕事・育児・家事・生活全般を1人で熟す事になりました。

でも、離婚をして自分が熟さないとならない負担は増えましたが、幸せが比例している事に気が付いていました。負担と幸せが比例している。こうした幸せ感を感じる事は、シングルにならなければ味わう事等なかったはずです。

また、感謝の気持ちで常に生活出来る様にもなりました。
確かに、心身共に疲労困憊の毎日ですが、支えてくれる方がいる事に感謝。

また、離婚が成立してしっかりと行政の補助の受けながらの生活が出来る様になった事も、感謝の気持ちで一杯です。

自分が、シングルマザーとなった事により、これから先の自分と子供達との生活に関して、最善の道を考えながら今生活しております。

こうした将来展望を描く事等、シングルマザーでなければきっとなかったはずです。
自分の人生にとって、シングルマザーとして子育てしていける事は、とても幸せな事だと元配偶者に感謝の気持ちで一杯です。

しばらくの間は、在宅ワーカーとしての道で成長していきます。
子供の成長と共に、自分も成長していきます。
頑張ろうシングルマザー!

離婚して実家に帰るのは恥ずかしい

離婚をすることになり、両親からは、実家に帰ってくる用意をすると言われました。

でも、親戚が近くに住んでいて様子を見に来られたりすることを考え、実家には帰らずいつでも帰ることができる距離に住むことにしました。

アパートは値段によって不安な物件もありますが、相場では高いと感じ古いけれどきれいな所を探しました。

実家に行くと近所の人に会うのが恥ずかしく、コソコソしていました。

両親から、「今は、離婚は恥ずかしいことではない」と言われ、徐々に近所の人にあいさつできるようになりました。

昔は離婚して実家に帰ると恥と思われることもありましたが、今は、そんな雰囲気を全く感じず、逆に温かい目で見てもらっています。

子供は学校へ毎日通い、私も頑張らないといけないと思いパートの仕事をしています。

一人親は、正社員にしてもらえないのが悔しいです。

子供は健康で、全く仕事に差し支えが無くても会社としては正社員は新卒だけというところが多いです。

中途採用で独身でも非正規雇用になることもあり不景気を感じます。どのような仕事に就けば、将来安定することができるのか誰にも分からない状態だと思います。

ハローワークでも、派遣労働をあっせんするようになり行政の方向性が理解できません。

私は、子供と一緒に頑張って行こうと考えていますが、もしだめなら実家に帰って両親に甘えようと考えてしまう時があります。

でも、それは頑張っている子供に対して申し訳ない気持ちになります。